メニュー
2017(H29)年度
2016(H28)年度
2015(H27)年度
2014(H26)年度
2013(H25)年度
2012(H24)年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度





2008年6月4日
第49回定時総会、創立60周年記念式典、第35回全国大会等開催

第49回定時総会 創立60周年記念式典 第35回全国大会 第35回全国大会見学会
第66回日塗装ゴルフ大会

第49回定時総会(平成20年)

 社団法人日本塗装工業会第49回定時総会は、平成20年5月22日、神奈川・横浜ロイヤルパークホテル(ランドマークタワー宴会棟3階「鳳翔の間」)において開催され、平成19年度事業報告ならびに収支決算とともに平成20年度重点施策・事業計画案、平成20年度収支予算案をそれぞれ承認した後、新役員を選任し、白川隆幸会長率いる新しい執行部(氏名は日塗装誌158号〈6月号〉参照:6月下旬刊行)をスターとした。

 定刻の13時、司会の多賀谷嘉昭常任理事が本定時総会の出席員数(出席者619名、委任状による出席者1,317名の合計1,936名)を報告した。これら出席人数は定款第22条第1項に則る定足数に達しており、これにより本定時総会の成立が司会より宣言された。

 木村光徳副会長が開会の辞を述べ、次いで河野玉吉会長が登壇し、ご来賓各位及び本定時総会の開催準備のため長期間にわたり尽力された地元神奈川県支部役員、会員に対し、丁重な謝辞を捧げるとともに、過去1年間を顧みての事業報告に併せ、今後の会運営の積極的参画と協力を呼びかけた。

 続いて、平成19年度(第8回)ペインテナンスキャンペーン施工実績上位10社のうち、出席の7社に対してそれぞれ表彰状及び記念品が贈られた。このあと昨年の総会以降の6名の新入会員紹介後、河野会長が定款第19条第2項により議長に就任し、議事録署名人には堀越良雄氏(宮城県支部)、岡一郎氏(岡山県支部)の両名を指名し、議場の賛同を得て、議案審議に入った。議事進行の概略は以下の通りである。

第1号議案)平成19年度事業報告に関する件

第2号議案)平成19年度収支決算及び財務諸表に関する件
 川島常務理事が第49回定時総会関係資料(以下「資料」)により平成19年度の事業活動の概要を説明、栗田専務理事が資料により平成19年度収支決算に関し収支計算書及び財務諸表を説明した後、柳仁雄監事が「業務執行の妥当性及び各会計関係諸帳簿等は適法にして正確である」との監査報告を行い、原案通りこれらを承認した。

第3号議案)平成20年度事業計画案に関する件

第4号議案)平成20年度収支予算案に関する件
 川島常務理事が資料により平成20年度重点施策案及び平成20年度全体事業計画案、平成20年度事業計画案を説明、栗田専務理事が資料により平成20年度収支予算案(収支予算書総括表、一般会計収支予算書案、特別会計収支予算書案)を説明し、原案通りこれらを承認した。なお、会費の級別金額及び支払い方法は従来通り上期と下期の年2回払いとし、納入はすべて支部経由としている。
 また、河野議長が平成20年度重点施策の第4番目の項目に「企業の社会的責任を明確にし、その責務を果たし、健全な発展をめざす」とは、総務委員会で検討した「会員企業行動規範」である旨を述べ、北原正総務委員長が「会員企業行動規範」の主旨、内容を発表した。

第5号議案)建設塗装基幹技能者講習登録機関の申請に関する件
 三木一良副会長より、国交省へ登録基幹技能者運営団体としての登録申請を行うための主旨、概要を説明し、これを承認した。

第6号議案)役員改選に関する件
 河野議長の「定款 第11条 第1項の理事・監事の任期は本日をもって終了する。新しい役員候補者の選任につきましては、今日までに審議を重ね、理事会の内諾を得ているので事務局より発表させたい」との発言を受け、選任役員候補者名が読み上げられた。
 次いで河野議長がこれらを議事に諮り承認を得た。
 なお本会の役員任期は定款上、1期2年としているが、会員外理事の方々の中で所属団体の異動等により変更が生じた場合、後任の方を理事とすることの承認を併せて得た。

 以上で議案審議を終えた。

 ここで本定時総会は一旦休憩に入り、別室にて第206回理事会が開催され、定款第12条第2項に則り会長、副会長、専務理事、常務理事、常任理事の互選が行われた。

総会再開後、司会より第206回理事会で承認された新役員の氏名が読み上げられた後、木村一美新潟県支部長が昨年の新潟中越沖地震災害見舞いのお礼を述べ、続いて平坂良太副会長が閉会の辞を述べ総会を終了した。

(河野会長) (木村副会長) (三木副会長)
(平坂副会長) (多賀谷常任理事) (北原常任理事)
(柳監事) (栗田専務理事) (川島常任理事)
 
▲ページトップ

創立60周年記念式典(平成20年)

 社団法人日本塗装工業会創立60周年記念式典は、平成20年5月22日、同じく神奈川・横浜ロイヤルパークホテル(ランドマークタワー宴会棟3階「鳳翔の間」)において、第49回定時総会に続き、盛大に開催された。式典には総会出席の会員に加え、来賓や会員同伴の方も多数出席され、総数で912名にも達した。


創立60周年記念ビデオ
「日本塗装工業会60年の軌跡」

〈式典セレモニー〉
 定刻の15時に司会の夏目真紀子さんの進行で厳粛に式典の幕が開き、「絆」をモチーフにした「日塗装60年の軌跡」の映写が行われた。ここで全員起立して、国歌、会歌を斉唱し、白川隆幸実行副委員長の開会の辞に次いで、河野玉吉実行委員長が式辞を述べた。

〔来賓祝辞〕
 榊 正剛国土交通省総合政策局長、舛添要一厚生労働大臣(代読:亀澤典子厚生労働省職業能力開発局能力評価課主任技能検定官)がそれぞれ来賓祝辞を述べた。
続いて、式典のハイライトでもある会伸展への功労者に対して、各種表彰の伝達が行われた。

〔表彰伝達〕
 表彰伝達は、国土交通省 総合政策局長表彰の贈呈より始められた。榊 正剛総合政策局長が登壇し、多年に亘り業界伸展に寄与された富山県支部の吉田築夫氏に感謝状が授与された。次に、会長特別表彰の伝達に入り、河野実行委員長が登壇し、「本会創立時の役員で 現在も引続き役員としてご活躍の方への特別表彰」で、創立時の理事で、その後、副会長、会長、監事を歴任され、現在は相談役に就任されている副島啓治氏に表彰状の授与と記念品が贈呈された。
 次に「本会創立時の会員で 現在も役員としてご就任の方への特別表彰」で、現在は顧問の井上實氏(病気療養中のため欠席)、同じく顧問の林武吉氏(株式会社ハヤシ東京支店長浦田典明氏が代理出席)に表彰状の授与と記念品が贈呈された。
 次に、平成10年の創立50周年記念式典で、創立時の会員会社に対し、50年在籍会員表彰を行なったが、今回は「創立時を除いた 50年以上の在籍会員会社114 社への表彰」で、114社を代表して神奈川県支部 土屋塗装株式会社の土屋きみ子氏が登壇し、表彰状の授与と記念品が贈呈された。さらに「本部、支部事務局 役職員の 永年勤続表彰」が行われ、受彰者を代表して長野県支部の大内勝氏が登壇し、表彰状の授与と記念品が贈呈された。

〔新執行部の紹介〕
 次に、式典前に行われた第49回定時総会、第206回理事会において新執行部が誕生し、第17代白川隆幸会長以下、副会長、専務理事、常務理事、常任理事、理事が登壇し、紹介が行われた。ここで、2期4年に亘り会長職の大役を果たされた河野前会長が登壇し、河野前会長から白川会長にプレデンシャルレリーフが渡され新旧会長の引継ぎが行われた。これには河野幸恵前会長夫人、白川陽子会長夫人の両名も登壇し、それぞれに花束が手渡され、内助の功を発揮されている二人の奥様方の労に対して感謝が捧げられた。ここで、白川会長が新任役員を代表して就任の挨拶とともに今後の抱負を述べ、会場内より沸き上る激励の拍手を受けた。
 続いてこの度退任された河野玉吉前会長、三木一良前副会長、落合五雄前常任理事、林澄雄前理事、服部寛治前理事、浜田耕市前理事、麻生邦英前理事、友野昌幸前理事、渡邉恭久前監事、山岸純一前監事、柳仁雄前監事(出席者)が登壇し、白川会長から代表して河野前会長に感謝状と記念品が贈られ、退任役員を代表して河野前会長が挨拶を述べた後、三木一良実行副委員長が閉会の辞を述べ、16時30分創立60周年記念式典を終了した。

  (白川新会長) (河野前会長)
(榊 正剛国土交通省
総合政策局長)
(舛添要一厚生労働大臣〈代読:亀澤典子厚生労働省職業能力開発局能力評価課主任技能検定官〉) (吉田築夫氏)
(副島啓治相談役) (林武吉氏〈株式会社ハヤシ東京支店長浦田典明氏が代理出席〉) (土屋きみ子氏)
(大内勝氏) (新執行部) (新執行部)
 
▲ページトップ

第35回全国大会(平成20年)

 懇親会は同じく神奈川・横浜ロイヤルパークホテル(ランドマークタワー宴会棟3階「鳳翔の間」)において、17時45分から行われ、会場入口では実行正副委員長、後藤龍彦神奈川県支部長などが出席者を迎え、会場内に案内した。各自指定のテーブルに着席したあと、後藤神奈川県支部長の歓迎挨拶で開宴した。
 次いで中国獅子舞の誘導で白川隆幸会長と河野玉吉前会長が登壇し、白川会長が挨拶を行い、竹歳誠国土交通審議官、松沢成文神奈川県知事、阿部孝夫川崎市長、松田良昭神奈川県議会議長、小林正受社団法人日本塗料工業会会長(関西ペイント株式会社代表取締役社長)が来賓祝辞を述べ、古﨑正敏副会長の祝歌、坂倉政丸相談役の乾杯で歓談に入った。宴盛り上がる中、舞台では庄野真代氏歌謡ショーと中国獅子舞パフォーマンスが催されたあと、明年第36回全国大会開催の三重県支部に大会旗が引き継がれ、井面祐一三重県支部長が来る年の来県を呼びかけた。
 名残惜しくも佐護徹実行副委員長の中締めで21時に閉宴した。その後21時から23時までランドマークタワー70階の「オーロラ」において開催された希望者による「創立60周年記念特別懇親会」は150名が参加し、盛大に行われた。


  (河野実行委員長・白川副実行委員長) (竹歳誠国土交通審議官)
(松沢成文神奈川県知事) (阿部孝夫川崎市長) (松田良昭神奈川県議会議長)
(小林正受社団法人日本塗料工業会会長) (古﨑正敏副会長:祝歌) (坂倉政丸相談役:乾杯)
(庄野真代氏歌謡ショー) (大会旗引継) (大会旗引継)
 
▲ページトップ

第35回全国大会見学会・第66回日塗装ゴルフ大会(平成20年)

 翌日の23日は参加希望者による第35回全国大会見学会ならびに第66回日塗装ゴルフ大会が行われた。
 このたびの見学会は『黒船来航・文明開化 未来発進の神奈川へようこそ』との今大会のキャッチフレーズ通り県内の歴史的な名所旧跡、景勝地「横浜ならではの塗装発祥記念碑、合同慰霊碑、中華街等」、「鎌倉散策と湘南ビーチ江ノ島」、「箱根周遊と芦ノ湖遊覧、御殿場プレミアムアウトレット1泊2日」、の3コースが設定されて行われた。
 「横浜ならではの塗装発祥記念碑、合同慰霊碑、中華街等」コースは、22名が参加し、青木山本覚寺(全国塗装業者合同慰霊碑)、ベイブリッジ、大桟橋、元町公園(塗装発祥記念碑)、中華街(昼食・散策)港の見える丘公園を散策・観覧した。「鎌倉散策と湘南ビーチ江ノ島」コースは、80名が参加し、鶴岡八幡宮、建長寺、鎌倉大仏昼食「華正楼」、江の島を散策・観覧した。「箱根周遊と芦ノ湖遊覧、御殿場プレミアムアウトレット1泊2日」コースは、27名が参加し、23日は強羅温泉、大湧谷、芦ノ湖・湖尻(昼食)、箱根関所跡 関所跡見学、箱根神社を散策・観覧し、ザ・プリンス箱根に宿泊し、 24日は箱根園~ロープウエイ~駒ケ岳山頂~ロープウエイ~箱根園、仙石原、乙女峠、御殿場プレミアムアウトレットを散策・観覧した。
 ゴルフ大会は名門の「戸塚カントリー倶楽部」西コースで89名がエントリーし18ストロークプレーにより日塗装会長杯、全塗厚理事長杯を競った。

 
▲ページトップ
次の記事へ トップへ 前の記事へ

Rehome Award
PictRuler

第58回定時総会
第44回全国大会等開催

創立60周年記念式典

第24回
全国建築塗装技能競技大会

NHK放送 『あしたをつかめ』
建築塗装技能士の紹介が
行われました。


一般社団法人
日本塗装工業会

〒150-0032
東京都渋谷区鶯谷町19-22
塗装会館
TEL 03-3770-9901
FAX 03-3770-9980
Copyright 2000-2017 Japan Painting Contractors Association. All rights reserved. @Portal 
団体工事保険 大規模瑕疵保険